市場センチメントがFXに及ぼす影響とは?

市場センチメントがFXに及ぼす影響とは?
Rate this post

FX初心者の方にとっては少しとっつきにくいかもしれない市場センチメントの基本と、それをどのようにFX取引に生かすことができるのかをご紹介します。対比する概念であるテクニカルとあわせてご説明しますので、今後のFX生活にご活用頂ければ幸いです。

市場センチメントをFXに活用する

そもそも市場センチメントとは、何かと言うところからおさらいしておきましょう。これは、市場心理とも言われ、つまるところは、投資家の心のうちです。面白いもので、FX市場は、投資家による心の動きから大きな影響を受けています。

そもそも経済というものは、人の感情から多大な干渉を受けているものなので、何も不思議なことはありません。一般的に市場の規模が小さいほど、市場センチメントが市場に与える影響は大きくなるとされています。市場センチメントと対比される分析手法として知られるのがテクニカル分析です。テクニカル分析は純粋にチャートを見つめ、そこからわかるデータから、トレンドを把握して、今後の通貨の値動きを理解するというものです。

そして、センチメンタル分析は、市場の背景にある投資家の心理面を読み解く手法です。これにおいて重要な意味を持つのが各種ニュースや、銀行、政府などによる方針の発表などです。テクニカルかセンチメンタルか、これについては、それぞれのトレーダーにより好みが大きく分かれます。普段から経済関係のニュースに興味があり、チェックしている人にとってはセンチメンタル分析が便利でしょう。一方で、純粋にデータを見比べて分析する細かい作業が好きな人は、テクニカル分析から始めるのがお勧めです。

市場センチメントを活用してFXで結果を出したいならば、具体的にどのようなニュースやイベント、方針の転換が市場にどれだけの(そしてどのような方向の)影響を及ぼしているのかを観察してみるのがいいでしょう。イギリスのEU離脱、米トランプ大統領による北朝鮮訪問などなど、各時点でのニュースとFX市場の動きを見ると、面白い相関性がわかります。

市場に欠かせないムードという概念

市場センチメントと非常に近い概念が、市場ムードというものです。これは「様子見ムード」や「模様眺めムード」といったように、市場全体にみられる傾向やトレンドを表現するために使われる言葉です。市場ムードを理解することは非常に重要です。

Post Author: admin

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *