スポーツ産業と取引

スポーツ業界と取引が調和する可能性

スポーツ業界と取引が調和する可能性
Rate this post

「取引」というと、具体的にはどのようなものをイメージするでしょうか?FX、バイナリーオプション、株価指数などなど、様々な取引形態や商品があります。そんな中でも今回ご紹介するのはスポーツ業界と密接関連した取引の可能性です。スポーツと取引、一見すると相容れないような2つの概念がついに結びつき、新たな可能性を生み出しました。

2019年7月、こんな記事がネットで反響を呼びました。「オンライン証券仲介である、米インタラクティブ・ブローカーズが、スポーツの結果を当て、賞金を獲得する権利を、模擬的に取引するプロモーション」を開始する旨を発表したのです。このプロモーションでは、実際に獲得した利益は、かかる企業の証券口座で使用することのできる、最大1000ドルの資金へと、交換できるそうです。

例えば、FXであれば、テクニカル分析とセンチメンタル分析の双方から、市場の動きを予測することができます。この際に、もしセンチメンタル分析を選ぶのであれば、当然、経済についての理解が求めされることになります。これをスポーツの業界に当てはまることになるので、特定のスポーツを理解していることは、取引を行う上での強みになることでしょう。ただし、必ずしもスポーツに精通している必要はありません。経済という分野に苦手意識がある人でも、比較的にとっつき易く—気軽に挑戦できるので—そのような意味で、取引を行う人の層を、今までよりも拡大することに、ひと役買うことになるかもしれません。

すでに特定のスポーツでの経験があり、業界の動向—試合結果から、業界システムの変更まで多岐に渡りますが—を常に注視している場合には、その興味を生かして、取引を始めてみるのもいいでしょう。スポーツへの興味が取引に帰結すれば、非常に面白いものです。今後も、スポーツと取引の絡み合いからは目が離せません。

Post Author: admin

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *