スポーツ業界と取引が調和する可能性

「取引」というと、具体的にはどのようなものをイメージするでしょうか?FX、バイナリーオプション、株価指数などなど、様々な取引形態や商品があります。そんな中でも今回ご紹介するのはスポーツ業界と密接関連した取引の可能性です。スポーツと取引、一見すると相容れないような2つの概念がついに結びつき、新たな可能性を生み出しました。 2019年7月、こんな記事がネットで反響を呼びました。「オンライン証券仲介である、米インタラクティブ・ブローカーズが、スポーツの結果を当て、賞金を獲得する権利を、模擬的に取引するプロモーション」を開始する旨を発表したのです。このプロモーションでは、実際に獲得した利益は、かかる企業の証券口座で使用することのできる、最大1000ドルの資金へと、交換できるそうです。 例えば、FXであれば、テクニカル分析とセンチメンタル分析の双方から、市場の動きを予測することができます。この際に、もしセンチメンタル分析を選ぶのであれば、当然、経済についての理解が求めされることになります。これをスポーツの業界に当てはまることになるので、特定のスポーツを理解していることは、取引を行う上での強みになることでしょう。ただし、必ずしもスポーツに精通している必要はありません。経済という分野に苦手意識がある人でも、比較的にとっつき易く—気軽に挑戦できるので—そのような意味で、取引を行う人の層を、今までよりも拡大することに、ひと役買うことになるかもしれません。 すでに特定のスポーツでの経験があり、業界の動向—試合結果から、業界システムの変更まで多岐に渡りますが—を常に注視している場合には、その興味を生かして、取引を始めてみるのもいいでしょう。スポーツへの興味が取引に帰結すれば、非常に面白いものです。今後も、スポーツと取引の絡み合いからは目が離せません。

市場センチメントがFXに及ぼす影響とは?

FX初心者の方にとっては少しとっつきにくいかもしれない市場センチメントの基本と、それをどのようにFX取引に生かすことができるのかをご紹介します。対比する概念であるテクニカルとあわせてご説明しますので、今後のFX生活にご活用頂ければ幸いです。 市場センチメントをFXに活用する そもそも市場センチメントとは、何かと言うところからおさらいしておきましょう。これは、市場心理とも言われ、つまるところは、投資家の心のうちです。面白いもので、FX市場は、投資家による心の動きから大きな影響を受けています。 そもそも経済というものは、人の感情から多大な干渉を受けているものなので、何も不思議なことはありません。一般的に市場の規模が小さいほど、市場センチメントが市場に与える影響は大きくなるとされています。市場センチメントと対比される分析手法として知られるのがテクニカル分析です。テクニカル分析は純粋にチャートを見つめ、そこからわかるデータから、トレンドを把握して、今後の通貨の値動きを理解するというものです。 そして、センチメンタル分析は、市場の背景にある投資家の心理面を読み解く手法です。これにおいて重要な意味を持つのが各種ニュースや、銀行、政府などによる方針の発表などです。テクニカルかセンチメンタルか、これについては、それぞれのトレーダーにより好みが大きく分かれます。普段から経済関係のニュースに興味があり、チェックしている人にとってはセンチメンタル分析が便利でしょう。一方で、純粋にデータを見比べて分析する細かい作業が好きな人は、テクニカル分析から始めるのがお勧めです。 市場センチメントを活用してFXで結果を出したいならば、具体的にどのようなニュースやイベント、方針の転換が市場にどれだけの(そしてどのような方向の)影響を及ぼしているのかを観察してみるのがいいでしょう。イギリスのEU離脱、米トランプ大統領による北朝鮮訪問などなど、各時点でのニュースとFX市場の動きを見ると、面白い相関性がわかります。 市場に欠かせないムードという概念 市場センチメントと非常に近い概念が、市場ムードというものです。これは「様子見ムード」や「模様眺めムード」といったように、市場全体にみられる傾向やトレンドを表現するために使われる言葉です。市場ムードを理解することは非常に重要です。

外国為替市場のためのヒント

FX市場で成功するための4つのコツ

FX市場での成功を目指すならば、確実なステップを踏みましょう。大事なポイントをまとめましたのでご覧ください。 目標を明確にすること まずは目標の明確化をしましょう。どれだけの収益を上げたいのですか?どれだけのスパンで?使用する戦略は(最初の段階ではこれはわからないかもしれませんが、あくまでも大まかな方向性だけでも)?このようなことを頭の中で考え抜いてください。目標がなくては何も始まりません。特に重要なのは数字で目標を明記することです。覚えているだけではなく、紙に書き出して、常に目につく場所に貼り付けるのがお勧めです。 全体としての結果に集中(小さな損失に固執しない) これもよくありがちなミスなのですが…細かい損失ばかり気にしていると、全体としての収益が見えなくなってしまいます。どれだけ優れたFXトレーダーであっても、必ず負けは経験するものです。 むしろ、プロになればなるほど、負けをうまく消化しているのです。一番危険なのは「勝率だけに固執すること」です。何が起こるかというと、どのような不利なポジションであっても「ここで損切りしたら負けになる」からといっていつまでも待ってしまい、どこまでも損失を膨らませてしまうのです。細かく負けて、細かく勝つことを意識してください。 週末には分析を怠らない 分析の時間を設けましょう。常に走り続けていたら、どこかで問題が発生していても気づくことができません。一度立ち止まり、メンテナンスをする時間が重要です。一週間を振り返って、戦術を分析しましょう。「どのようなポジションが良かった」のか、どこで、「何も考えないあてずっぽうな勝負をしてしまったのか」を振り返ってください。 失ってもいい金額だけを投資すること 確実な知識と経験に基づいて、FXで生計を立てることは大いに可能です。しかし、ゼロから億万長者になるためのツールとして使うのは、お勧めできません。当然、FXにはリスクが付き纏います。まずは、失っても問題のない額を確保してから、それをFX投資にあててください

2019年にFXトレードで成功するための4つの戦略的習慣

2019年にFXトレードで成功を収めたい。そんな大使を抱いたトレーダーの皆さんに、FXで成功するために絶対に忘れてはいけないポイントをご紹介したいと思います。タイトルでは「戦略的習慣」という言葉を使いました。   これにはちゃんとした意味があります。ただの戦略ではありません。成功は継続的な規律から生まれます。というわけで、必然的に、この記事でお話しする内容も、(一時的な大きい勝ちを狙うような小手先のテクニック―往往にしてそのようなものは誇大広告の対象になりがちで、多くの人にとって魅力的に聞こえるかもしれませんが、結局のところリスクが大きく、あくまで成功している人がさらに一歩前に進むためのコツでしかないことも―ではなく)習慣についてです。それでは正しい習慣と規律を身につけて2019年をFXの当たり年にすべく前に進んでいきましょう。 買いと売りの明確なルールを作る   よく誤解されがちなのですが、FXは決してギャンブルではありません。運ませで大ぶりなパンチを繰り出したところで、経済という俊敏な対戦相手から激しいカウンターをお見舞いされるのが関の山です。   相手は経済であり「生き物」です。人間の生活の断片が一つ一つ組み合わさり、お互いに影響を及ぼしてこの「怪物」が生み出されているのです。これと戦うときには、厳格なルールを設けましょう。決して「勘にかける」などと高を括らないでください。勘で勝てるのは一部のチャンピオンのみです。その高みに到達するためには、意識化したルールという名のトレーニングをひたすらに繰り返す必要があります。必ず、自分が決めた条件を満たすときにだけ買い注文を出し、逆に条件にあった時には(どれだけ欲が出ようともそれを制して)すぐに売るようにしましょう。 平均的な(派手じゃない)トレードに徹する   FXで失敗する人の特徴の最たるは大逆転狙いです。買った通貨の価値が下がったら、出来るだけ長く保有して回復を待とうとする…。これは非常に危険です。全ての取引で勝とうとしないでください。ここで一つ恐ろしいパターンをご紹介します。それは、綺麗な勝率だけを目指すことです。例えば、このような状況です。Aさんはノートに日々のトレードの勝敗を記載しています。   1月に入ってから2日間連続で黒字です。このまま2月全てのトレードでの勝ちを目指します。そんなとき、買ったばかりのアメリカドルが価値を落とし始めました。Aさんはどうするでしょうか?「ここで売ったら、このトレードは負けということになる。もうちょっと粘ろう。連勝記録を3に伸ばすんだ…」どうでしょうか?これの恐ろしさがわかりますでしょうか。   連勝記録に固執してはなりません。成功しているトレーダーこそ賢く負けています。そもそも、負けを考慮して、細かなパンチを繰り出して、最終的にプラスを目指しているのです。平均的な勝負を繰り返し、結果としてプラスの側に少しでも入っていればOKというスタンスでトレードに臨んでみてください。 家計とトレードの明確なルールを作る   もう一つのルールのお話です。「これはチャンスだ!」そう思うと、衝動で賭けに出てしまう。そんな人もいることでしょう。思い当たる節がある場合には、家計と取引の関係性を明確なルールで縛ることをお勧めします。簡単に言えば「自分から借金はしない」という発想です。   ただ「金融機関から借りない」という意味ではなく、自分の中で引いた線の外からトレードのための予算を拝借しないということです。つまり、こういうことです。多くの人が曖昧な具合にFXトレードに使うことのできる予算を決めていることでしょう。毎月単位で考えている人もいれば、今ある額から適当に使っている人もいるかもしれません。そもそもFXは「足りないお金を稼ぐ」ためのものではなく「お金に余裕がある時にさらに資金を増やすために挑戦」するものです。   そこで、必ず、1ヶ月分のFXに使うことのできる予算を明確に決めるようにしてください。お勧めなのは5万円や20万円などのキリのいい数字ではなく、もっと細かな数字にすることです。例えば、3万8500円などです。このように細かく数字を決めた方が頭の中ではっきりと数値を意識でき「もうちょっとだけ使ってもいいよね」という甘えを断ち切るのに効果的です。さらにこれを細分化して、1日に使える額も明確にしておきましょう。 データを徹底的に記録して分析する   チャートを見たり、ニュースを聞いたり…基本的な分析に加えて、もう一つの分析を加えてみてください。それは自分の感情の分析です。数値とあわせて感情や気分をメモするのは意外とかなり効果的です。例えば、勝った時と負けた時の感情による違いを分析すると、多くの場合、面白い発見があります。深読みしすぎて気持ちが高まっている時にはいつも負けているかもしれませんし、そうでなくても、勝率がかなり低いかもしれません。   逆に、徹底的にルールだけに則って感情は排除したトレードであれば勝率は上がっているかもしれません。さらに、なぜそのような感情が引き起こされたのかも分析してみましょう。例えば、観察してみると「賭ける金額が高い」→「緊張が高まる」→「確実な勝ちを取りにいこうとする」→「事前に設定した基準を無視しがち」→「負けが多い」などの傾向が明らかになるかもしれません。

アジア株式市場の概観

アジアという枠組み   アジアという括りで市場を見つめることはありますか?アジアの中の一国に住んでいる私たちは、あまり、アジアというエリアを意識することはありません。しかし、世界的に見たらアジア市場は巨大であり、あらゆる投資家が羨望の眼差しを向けています。日本人が気づかない可能性がここに。   近代化と都市化の素早さ   ミャンマー、ベトナム、タイなどなど…このような国のイメージはどうでしょうか?発展途上国だと侮ることなかれ。このような国々は信じられないようなスピードで近代化と都市化を進めています。   「世界トップレベル」がアジアに   シンガポールはいかがでしょうか?世界でもトップレベルの学校が揃い、ここにオフィスを建てる国際企業は数しれず。英語が国の言葉として話されていることからもわかるように、グローバルな人材が多く発掘されています。香港にも同じ傾向が見られます。土地の高さや進出する国際企業の数も軒並み。中国やインドの隆盛は言うまでもありません。圧倒的な人口基盤。ビジネス感覚に優れた人材などなど。インドの数学、IT系人材はもはや、あらゆるテクノロジー企業に欠かせない支柱というイメージすら世界中で定着しています。   現在から未来を見通す力   株式市場への投資の基本は、現在の状況を鑑み、将来の動きを予想することです。アジアには無限の可能性が秘められています。これをうまく見極め、成長が見込める株式に投資をする価値は大いにあります。株式への投資を始めることから、その会社に、そして業態や市場に興味を持ち、調査を繰り返すことで、より深い洞察を得ることもできます。その知識を使い、さらなる投資へ。そんな流れが構築できれば理想的だと言えるでしょう。